読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臨床心理士のうたたね日記

日々、気がついたことをできるだけ面白おかしく、時にきまじめにお伝えしていきたいと思います。

困った自慢

私の夫は世間にはあまり知られていないが、ハンサムである。正確に言うと本人しか知らないハンサムである。 その夫に困った癖がある。同じ映画を繰り返し見ては、同じところで泣いているのである。 「その映画、前も見てたじゃない」と言うと「そうか?」と言う。さらに追及すると「忘れるから何度も感動できていいんだ」という。 ヒートテックを着始めるこの時期になると「ヒートテックを着ると不思議なんだ。俺はひんやりするんだよ。」 これも寒くなってから10回は聞いている。「もう、10回は聞いた」というと、 「そんなものじゃないんだよ。これをいろいろな人に言ってるから120回ぐらいは 言ってるはずだ。」と言う。 この自己肯定感は、素晴らしいと思う。しかし、これで、若いころから、長谷川式記銘力検査にもひっかからないのだから、若年性のぼけでもないのだろう。 本当に治療が必要になった時がわからないのが、心配だ。 この原稿を見せると「だから、俺はすごいんだ。」と言う。心配だ。