読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臨床心理士のうたたね日記

日々、気がついたことをできるだけ面白おかしく、時にきまじめにお伝えしていきたいと思います。

臨床心理士X<一枚の写真から>

臨床心理士のうたたね日記

中学生の女の子が相談にやってきた。

「先生といると安心する」

ふむふむ、これは、自慢ではあるが相談者によく言われる言葉である。

 

「先生いくつ?」

「あなたのお母さんよりずっと上だよ。」

「うそ。35歳ぐらいじゃない?」

うん?35?35?はるか遠くに言われたような? 視力がおかしいのではないかと思い 視力を聞いてみた。

「1.5だよ。」

ということは、頭が悪いのか? 失礼かと思ったが、

「この漢字読める?」

「企む」

「騙す」

「詐欺」と書いてみた。

うーん全部読める。

 

私をまっすぐ見つめる少女のまだ幼いまなざしに 突然なぜかドクターXの大門の言葉を思い出した。

「医者にとっては、患者は大勢かもしれないけど、患者にとって医者は一人なのよ。」

 

そうか。 彼女にとって、私はたった一人のカウンセラーであることを言っているだけなのである。 頑張ろうと思った。

 

(この相談場面は、私の想像の翼をひろげて書いています)

 

f:id:gkoroko:20150531215827j:plain

 

 

この写真を見たとき、ある女の子を思い出しました。

私は10年,20年とニグレクト、虐待に会ってきた子どもたちとも多く巡り合ってきました。出会えることによって救えると思います。その子たちが大人に話してくれることによって、道は開けると思います。その子たちが外に窮地を発信する媒介になれますから。そんな一人の子がモデルとなった記事です。

もちろん、内容は私の想像です。

 

こちらに紹介させていただいた写真は、はてなの中にありますが、スターもブックマークもない静かな世界にあります。(もちろん、他にも好きな写真のブロガーの方はいます。)いつも訪問しては、とても癒されます。皆さんも良かったらご訪問ください。

植物 カテゴリーの記事一覧 - その 何気ない1枚は・・・