読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臨床心理士のうたたね日記

日々、気がついたことをできるだけ面白おかしく、時にきまじめにお伝えしていきたいと思います。

フリーハグしようよ!

みなさんのコメントを参考にして加筆修正しました。

 

2001年、アメリカのジェイソン・ハンターさんが始めた活動です。彼のおかあさんは、たくさんの人々を抱きしめ、どんなに"あなた"が大切であるかを伝える素敵な人でした。

 

彼は大好きだったお母さんの死後「フリー・ハグズ」と書かれたプレートを持ってマイアミの海岸を歩きました。

 

フリーハグズは街頭で会った見ず知らずの人とハグすること。

 

フリー・ハグズの目的は一つではないのです。それはフリー・ハグズを行う人それぞれが違う考え方を持って活動しています。それは悪い事ではなく、それぞれが素晴らしい心を持って活動しているという事。

 

フリーハグをした時に感じるものは人それぞれ違って当たり前ですね。それを愛や平和や幸せ、そしてぬくもりなど一つの言葉でまとめる・強要するのではなく、ハグする人・した人が自由に感じ、そして想う。それがフリー・ハグズです。

 

フリー・ハグズの目的はハグする事ではないのです。

 

 

あらゆるものを受け入れ、安心感を与える母性だね!

 

それぞれが自由に『何か』、言葉にできないたくさんの素晴らしい事を感じる事。感じないのも自由だと私は思う。

 

 

みんな好きな国に行ってみて!

 

みんなの笑顔見て!あなたがいるよ!

あなたが受け止めてもらえて、あなたが誰かを受け止めてあげる。

  

この記事を書くとき実は現実にフリーハグをやるかどうかは全く考えていなかった。

 

youtubeを通してイメージを味わってほしかったんだ。みんなにコメントもらって考えたのだけれど日本人は身体接触苦手でしょ。セクハラの問題もあるね。

これって、相手の身体的パーソナルな領域に入ることなので、現実に行うときは慎重に行わなくてはいけないと思うよ。カウンセリングでも相談者の身体的、精神的パーソナル領域はすごく大切にする。

みなさんのコメントがこういうことに私が触れていなかったことに気が付かせてくれました。

 

動画をみてもらったらわかると思うけれど、看板をもって立ってて、相手がOKしてくれるとどちらかというと相手からハグしてくる感じでハグ。決して無理していないよ。

 

フリーハグズの大きな意味は、みつばちさんがきちんとまとめてくれた。

「人間どんな考え方、育ち方、生き方をしていても、心底にあるものはみんな同じなんだよ〜。」

 

あなたはそのままで素晴らしい!!と言う尊敬の念を込めて、爽やかに温もりを伝えられるような関わりをしたい!          ということ。

そしてその温もりをこの動画を通して味わってほしいな

 

みつばちさんのブログはこちら。特別支援に行かれているお子さんをお持ちです。お子さんがまだ、ハグしてくれるそう。うらやましい。ただいま夫婦喧嘩中の模様です(笑

beebee0308.hatenadiary.com

 

 

どの国か迷う方は一番下のyoutubeがお勧めです。親近感わきます。

 

ロンドン

 

youtu.be

 

デンマーク

 

youtu.be

 

チェコプラハ

 

youtu.be

 

ベルギー

 

youtu.be

 

日本

youtu.be

 

 

韓国

youtu.be

 

 また、間違えて更新してしまいました。加筆があるからいいかな。

こちらのほうが編集がきれいです。

http://matome.naver.jp/odai/2136982944455301701

 

それから、のたりさんが私の記事からインスピレーションをわかせて記事を書いてくれました。

 

notarinotari.hatenablog.com